3歳児のしつけに役立つアンパンマン絵本3選!

3歳児のしつけに役立つアンパンマン絵本3選!イヤイヤ期を過ぎた3歳になると、物事の分別がきちんとつくようになってきます。

3歳児は、外に出て色々な体験をしていく中で、社会の仕組みやルールを学んでいるのです。

 

そして、「何をしてはいけないのか、何をすればいいのか・・・」。

そういったことを少しずつ理解できるようになってきているのです。

 

それでは、3歳児のしつけで大切なこと何でしょうか。

 

それは、世の中のお約束事をきちんと教えることなのです。例えば、あいさつをきちんとできるようにすること。そして、していいことと悪いこととを、きちんと理解させることなどです。

 

一見難しそうな3歳児のしつけですが、そんなことはありません。楽しみながら、世の中のお約束事を教えてくれる力強い助っ人がいるのです。

 

それは、アンパンマンの絵本です。

 

アンパンマンと一緒に楽しく世の中のルールを学べる絵本をこれから紹介していきましょう。

 

あいさつのしつけに効果的なアンパンマンの絵本!

アンパンマンの絵本「あいさつなあに?」は挨拶のしつけを始めるのにぴったりの絵本です。

 あいさつなあに?http://www.froebel-kan.co.jp/book/detail/9784577036792/

朝起きたら、「おはよう」。食事の前には「いただきます」。こういった簡単な挨拶は、3歳児ならもう完全にマスターしてもらいたいですよね。でも実際は挨拶が上手く出来ない子も沢山います。

 

「あいさつなあに?」は楽しく挨拶を学べる絵本だから、挨拶がまだ上手く出来ない子でも大丈夫。どんなに恥ずかしがり屋で挨拶が苦手な子も、アンパンマンと一緒だから、元気いっぱい挨拶ができるようになります。

 

アンパンマンの絵本「アンパンマンとげんきにあいさつ」は、たのしく挨拶と1日の流れを学べる絵本です。

 アンパンマンとげんきにあいさつhttp://www.froebel-kan.co.jp/book/detail/9784577030387/

時計つきの絵本なので、時計に興味を持ちだしている3歳児にはぴったりです。

時計の読み方も同時に覚えることが出来ますし、1日の生活リズムを理解するのにも役立ちます。

アンパンマンが楽しく挨拶と1日の流れを教えてくれるので、飽きることなく何度でも読みたくなる絵本です。

 

アンパンマンの絵本で世の中のルールを学ぼう!

「アンパンマンとたのしいまいにち」は世の中のルールを学ぶのにぴったりの絵本です。

アンパンマンとたのしいまいにちhttp://www.froebel-kan.co.jp/book/detail/9784577030394/

アンパンマンと一緒に街を眺めながら、やってはいけないことや世の中のルールを学んでいきます。

 

「あれ?こんなこと、やってもいいのかな?」

 

そう問いかけながら読んでいくことで、3歳児は世の中にはやってはいけないことがあるのだな、ということを自分で考え、理解するようになっていきます。

 

お散歩の後や、お出かけ中に、その日の体験を踏まえて「アンパンマンとたのしいまいにち」を読んでみましょう。自分の体験と組み合わせることでしつけ効果が倍増します。

 

アンパンマンの絵本は社会のルールをもっと知りたいと思っている3歳児のしつけに役立つ絵本です。

ぜひアンパンマンの絵本を3歳児のしつけに役立ててくださいね。

スポンサードリンク





この記事の最上部へ

【GAME&TOY CHANNEL】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ